空席状況や料金計算などはメールかお電話にてお問い合わせください

電話でのお問い合わせはTEL.092-734-0077

〒810-0023 福岡県福岡市中央区警固2-17-30
アルバけやき通りビル2F


イタリアITALY



芸術と歴史が色濃く残る国イタリア

古代ローマ時代からの遺跡や、ルネサンス期の絵画や彫刻、世界中で大人気のイタリア料理。
1つ1つの街それぞれが世界に誇る文化をもつこの国は、まさに世界遺産の宝庫です。
実際にユネスコ世界遺産に登録されている遺跡数はイタリアが世界一を誇っています。

地中海に面するこの国は、ヨーロッパの中でも比較的温暖な気候に恵まれています。
南イタリアと北イタリアとで気候も雰囲気も異なっており、




ローマ~ROME
  
全ての道はローマに通ず。
ローマ帝国の栄えとこの都市の偉大さはみなさま既にご周知のことと思います。

ローマにある世界一小さな国・バチカン市国。
ここにあるのがカトリック総本山のサン・ピエトロ大聖堂とバチカン美術館です。
サンピエトロ大聖堂にはピエタ像、バチカン美術館には最後の審判やアダムの創造など有名すぎる芸術品が置かれています。

古代ローマ時代の世界に浸るなら、コロッセオやフォロ・ロマーノです。
フォロ・ロマーノはローマ帝国時代の中心広場です。
現在では門や柱、建物の一部しか残っていないのですが、その場に立つだけで歴史の重みを感じることできます。
「賽は投げられた」の言葉で有名なユリウス・カエサルが演説をし、歴代皇帝たちが凱旋した場所でもあります。

コロッセオはローマ帝国時代の闘技場で、当時の外壁は白い大理石で埋められており、彫刻が彫られていました。
現在は骨組みのみですが、それでも綺麗に残ったシルエットはローマ遺跡のシンボルとなっています。


ローマは遺跡だけではありません。
映画ローマの休日で有名となってスペイン広場やサンタ・マリア・イン・コスメディン教会にある真実の口。
華やかな彫刻で装飾されたトレヴィの泉では、みなさん噴水を背にコインを投げています。
ちなみにここの伝説は投げるコインの数によって、願い事が変わってきます。
1枚はまたローマに戻ってこれるように・・・、2枚は好きな人と結婚できますように・・・、
3枚は今一緒にいる人と別れられますように・・・!
上手く投げられずに2枚のはずが、3枚投げてしまうと大分内容が変わってしまうので注意してください!




ミラノ~MILAN
  
イタリアの北に位置する第2の都市で、ファッションの街としても有名なミラノ。
有名ブランド店が並ぶファッション通りに、イタリア料理、イタリア人が大好きなサッカーなど、現代のイタリアを楽しむことができます。

ミラノ中心地にあるアーケード街、ガッレリア。
鉄骨とガラスで作られた天井や、上部に描かれているフレスコ画や彫刻、計算し尽くされた造りは芸術的建築物そのものです。
アーケード内にはイタリアが誇る世界的ブランドのプラダ本店をはじめ、歴史あるお店が軒を連ねています。

このガッレリアを通り抜けた大広場に鎮座するのが、ミラノ大聖堂(ドゥオーモ)です。
世界2位の広さをもつ壮大なゴシック建築で、このドゥオーモはまさにミラノの象徴です。
ドゥオーモにしてはめずらしく屋根に上ることもでき、迫力のある135本もある尖塔や、そのまわりに立つ聖人の彫像を近くて見ることができます。

またミラノにはレオナルド・ダ・ヴィンチの名作”最後の晩餐”がある事でも有名です。
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の修道院の食堂に飾られており、1日の観覧者数が限られています。
世界各国からこの絵を見に訪れている為、必ず事前の予約をお勧め致します。

最新のモードと古くからある歴史が共存したミラノで、ぜひ新旧が見事に融和した世界を感じてください。




ヴェネツィア~VENICE
  
水の都ヴェネツィア。
青く輝く水面に浮かぶ古くからの街並みはあまりにも有名です。
街中に運河がはりめぐらされており、対岸へはボートやゴンドラで移動します。

街の中心にあるのはサン・マルコ寺院。
ゴシック・ロマネスク・ルネサンスなど色々な様式が混ざって造られたこの寺院は、その他の都市にある大聖堂などとは違った風貌を持っています。

毎年2月末~3月始めにヴェネツィアにて世界的な仮装カーニバルが行われます。
それにちなんで街中には言動的な仮面、ヴェネツィアングラスやきらびやかな人形が並んでおり、この街の独特的な雰囲気をより高めています。

夜はゴンドラツアーがお勧め!
橋などがロマンティックにライトアップされ、昼間とは街の風景が変わります。
陽気なイタリア人が歌うカンツォーネをバックに、暗闇の中に淡く光る街灯を見ながら乗るゴンドラは、忘れられない旅の思い出になりますよ。




フィレンツェ~FLORENCE
  
花の都・フィレンツェ。
イタリア芸術が花開いたルネサンス期、ここフィレンツェはルネサンス期の中心地のひとつでした。

フィレンツェの歴史はメディチ家なしでは語ることはできません。
メディチ家はルネサンス期に台頭した商家のひとつです。
銀行や政治家など成功を収め、このフィレンツェの実質的な支配者として君臨していました。
芸術をこよなく愛すメディチ家は、多くの芸術家たちを支援し、ルネサンスの文化を育てるうえで大変重要な役割を果たしていました。
かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロやボッティチェリなどもメディチ家に支援を受けた芸術家で、彼らを育てることによって、後世に語り継がれる多大なる遺産をこの国に残してきました。
いまでも街中ではメディチ家の紋章をいたるところで見かけることができ、勢力の強大さを今に伝えています。

ぜひフィレンツェに行かれる際は、ウフィツ美術館に行かれてください。
メディチ家が保有していた絵画や彫刻など、膨大なコレクションには息をのむばかりです。

歴史に名を残してきた芸術家たちが暮らしていた街フィレンツェ。
奇跡のようなこの街でルネサンス芸術の歴史の風にふれてみませんか?




歴史の街々
  
上の4大都市以外にも、イタリアは観光名所が本当にたくさんあります。

イタリアのシンボルとして有名なピサにあるピサの斜塔や、トスカーナ地方にあるひまわり畑。
映画の舞台となった世界一美しい海岸の街アマルフィに、あまりの透明度に船が浮いているように見える写真で有名となったランペトゥーザ島。

南イタリア最大の都市ナポリ近郊にはポンペイがあります。
いまからおよそ2,000年前のヴェスビオ山噴火によって、この街はおよそ19時間で消滅したといわれております。
火山灰によっておおわれた街はその当時ままの状態で時を止めており、発掘作業によって当時の街の暮らしを垣間見ることができます。
日本の弥生時代とは思えないくらい進んでいる街のシステム、暮らしには驚かされるばかりです。
火山灰によって亡くなった人の石膏など衝撃的な展示もあり、苦痛の表情からはその当時のすさまじい状況を読み取ることができます。
非常に優れた文化と歴史をもつ街並みに感銘され、また自然の驚異を再認識できる遺跡です。


歴史的な側面が多いイタリアですが、先にご案内したランペトゥーザなどのリゾート地としても有名です。
地中海やエーゲ海を巡るクルーズがイタリア発着にて運航されておりますので、イタリア旅行+クルーズなど組み合わされてはいかがですか?




shop info店舗情報

(株)LTK福岡

〒810-0023
福岡県福岡市中央区警固2-17-30
アルバけやき通りビル2F
TEL.092-734-0077
FAX.092-715-3030
Email
facebook